Plamo Linux

Plamo 5.1 から 5.2 への更新

Plamo 5.1 から 5.2 への更新が可能になりました.

以下は メーリングリスト投稿 からの抜粋です.

ずいぶん遅くなりましたが,FTPサイトの Update/5.1_5.2/ 以下に,
32ビット版(x86/),64ビット版(x86_64)それぞれの更新されたパッケージを
まとめてみました.

ftp://ftp.ne.jp/pub/Linux/distributions/plamolinux/Update/5.1_5.2/{x86,x86_64}/plamo/
  00_base/        02_x11/         04_xapps/       06_xfce/        10_lof/
  01_minimum/     03_xclassics/   05_ext/         07_kde/         11_mate/

各ディレクトリは Plamo-5.1 のソフトウェアカテゴリに対応しているので,
ディレクトリごとダウンロード後,インストールされたカテゴリに合わせて,
各ディレクトリ中の update.sh を実行すれば必要な更新を行うようにしています.

なお,設定ファイルの修正のみでバージョンが上がっているパッケージは,既
存の設定ファイルを上書きしてしまうのもマズいので,パッチ等で必要な修正を
施すようにしてみました.

# そういう処理は 00_base/update.sh に集中しているので,興味ある方は実行
# 前にご確認ください. 一応,手もとのVirtualBox上では特に問題なく 5.1 -> 5.2 に更新できていま すが,念のため,環境に応じて修正された設定ファイル等はバックアップをお 願いします. なお,たいていの環境では大丈夫だと思うものの,update.sh を実行する前に telinit S でシングルユーザーモードに落して不要なサーバ類を止めておく方 が安全でしょう.