Plamo Linux

Plamo Linux は Slackware をベースに,シンプルで見通しの良いシステムと,Linux の持つホビー性の持続を念頭に開発され,ユーザ自身の手で自分好みの Linux 環境を作り上げていく楽しみを味わう事ができる日本語 Linux ディストリビューションです.

現在,最新版は Plamo-7.0 で,x86_64 版をリリースしています.

不具合報告やユーザからの情報のまとめなど,公式ページを補足し,Plamoを「作る人」と「使う人」の橋渡しをする場を提供する PlamoLinux Wiki もあわせてご覧ください.

Firefox 67.0.4

firefox 67.0.4 パッケージをリリースしました。

パッケージをリリースしました。67.0 より古いバージョンからの更新の場合、sqlite, nss, nspr, p11_kit パッケージも同時に更新する必要があります。

Plamo 7.1 リリース

Plamo 7.1 をリリースしました。

従来同様、4.7Gのサイズに収まるようにDVD用は2枚組み、2枚目は pTeX 回りのみなので、pTeX の不要な方は 01 のイメージのみでインストールできます。

1
2
3
4
5
$ ls -lh plamo-7.1*
-rw-r--r-- 1 kojima plamo 2.7G  5月 14 09:00 plamo-7.1_x86_64_dvd_01.iso
-rw-r--r-- 1 kojima plamo   62  5月 14 09:00 plamo-7.1_x86_64_dvd_01.iso.md5sum
-rw-r--r-- 1 kojima plamo 2.5G  5月 14 09:01 plamo-7.1_x86_64_dvd_02.iso
-rw-r--r-- 1 kojima plamo   62  5月 14 09:01 plamo-7.1_x86_64_dvd_02.iso.md5sum

一方、手元でも 8GB の USB メモリからインストールすることが増えてきたので、全部を1つにまとめたイメージも作ってみました。

1
2
-rw-r--r-- 1 kojima plamo 5.1G  5月 14 09:02 plamo-7.1_x86_64_usb.iso
-rw-r--r-- 1 kojima plamo   59  5月 14 09:02 plamo-7.1_x86_64_usb.iso.md5sum

USB メモリ経由でインストールする場合は

1
# dd if=plamo-7.1_x86_64_usb.iso of=/dev/XXX bs=100M

みたいにベタ書きして、そこから起動します。なお、USB メモリからインストールする場合、「インストール元」は「HDDパーティション」になります。

ちなみに、pTeX まで含めて全部インストールすると 16G ほどになるので、古い環境を使い回す際にはご注意ください :-P

1
/dev/sdb4                         50G   16G   35G   32% /

以下、README.UTF-8 より引用

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
○Plamo-7.1について(2019-05)

Plamo-7.1は、昨年6月にリリースしたPlamo-7.0以後の
アップデートや修正を集めたメンテナンスリリースで、
「令和最初の」Plamo Linuxです(w

新元号対応ということで、
glibcの令和対応パッチや合字の令和を含めたnotofontなどを
収録してみたのでお楽しみください。

# 加藤さん、田向さんのおかげ (_ _)

$ date +%Ex
令和元年05月08日

$ python -c 'print("\u337E \u337D \u337C \u337B \u32FF ")'
㍾ ㍽ ㍼ ㍻ ㋿ 

その他、多くのパッケージを最新かそれに準ずるバージョンくらいまで
更新しています。

# glibc-2.28, texlive-2018, emacs-26.1, mate-1.22, GCC-8.3 等々

また、今回から、デフォルトでインストールするカーネルをinitrd化してみました。

カーネルパッケージ(kernel-4.19.35-x86_64-B1.txz)をインストールすると、
/boot ディレクトリにカーネル本体(vmlinuz-4.19.35_plamo64)と
initrdイメージ(initrd.img-4.19.35_plamo64)が配置され、
grub-mkconfig はこれらを使うようにgrub.cfgを設定します。

インストーラから自動でgrub.cfgを作成する場合、
このあたりは適切に設定されるものの、
手動でgrub.cfgを調整したり、
grub以外の方法で起動したい場合は、
起動時にinitrdイメージをロードさせることをお忘れなく。

また、initrd イメージを作り直す場合は、
必要なモジュールをインストール後、

# mkinitramfs <カーネルバージョン>

コマンドを実行して、initrd.img-<カーネルバージョン> を作り直します。
このあたりの詳細については「続・玩式草子」の連載で取り上げる予定なので、
そちらの方を御参照ください。

Bind 9.12.3-P4

bind にセキュリティホールが発見されています.詳しくは以下をご覧ください.

パッケージをリリースしました。なお、Plamo 6.x でリリースしていた 9.9.x は EOL ですので、現在の stable である 9.12.3-P4 でパッケージを作成しています。

Plamo 7.0 には bind パッケージはありませんので影響ありません(一部ユーティリティコマンドのみを含む bind_tools パッケージのみ存在)

Icu 63.1

icu パッケージを更新しました。

他に boost, libical, harfbuzz, js52, node, qt, thunderbird, dovecot, postfix, texlive, php パッケージを同時に更新する必要があります。