Plamo Linux

Plamo Linux は Slackware をベースに,シンプルで見通しの良いシステムと,Linux の持つホビー性の持続を念頭に開発され,ユーザ自身の手で自分好みの Linux 環境を作り上げていく楽しみを味わう事ができる日本語 Linux ディストリビューションです.

現在,最新版は Plamo-6.2 で,x86 版,x86_64 版をリリースしています.

不具合報告やユーザからの情報のまとめなど,公式ページを補足し,Plamoを「作る人」と「使う人」の橋渡しをする場を提供する PlamoLinux Wiki もあわせてご覧ください.

このページのパッケージ更新情報について

現在 Plamo 7.0 の開発が進んでいます。それに伴い、このページの更新をしばらくおやすみしたいと思います。

Plamo 6.2 のパッケージ更新は、7.0 開発に伴い頻度はかなり少なくなっています。ただし、全く止まったわけではなく、必要に応じて更新していますので、ftp サイトの Change.Log (例えば x86_64版)をご覧いただいて確認いただくか、get_pkginfo コマンドにてご確認ください。

このページの更新は、Plamo 7.0 がリリースされたあとに再開したいと思います。

Firefox 52.6.0esr

firefox 53.0 がリリースされましたが、Plamo 6.x では gcc/g++ の更新など要件を満たさない部分が多いので、52ESR リリースでのパッケージリリースを行います。

firefox 52.6.0esr パッケージをリリースしました。

パッケージをリリースしました。事前にリリースした nspr 4.18, nss 3.35 をインストールする必要があります。