Plamo Linux は SlackwareLFS をベースに、シンプルで見通しの良いシステムと、Linux の持つホビー性の持続を念頭に開発され、ユーザ自身の手で自分好みの Linux 環境を作り上げていく楽しみを味わう事ができる日本語 Linux ディストリビューションです。

現在、最新版は Plamo-7.4 で、x86_64 版をリリースしています。

不具合報告やユーザからの情報のまとめなど、公式ページを補足し、Plamoを「作る人」と「使う人」の橋渡しをする場を提供する PlamoLinux Wiki もあわせてご覧ください。

このページはセキュリティホール対応のパッケージ更新など、一部の更新情報のみが掲載されます。すべての更新はChangeLogをご覧ください。また更新情報はget_pkginfoコマンドで確認できます。

bind 9.12.3-P4

bind にセキュリティホールが発見されています.詳しくは以下をご覧ください.

パッケージをリリースしました。なお、Plamo 6.x でリリースしていた 9.9.x は EOL ですので、現在の stable である 9.12.3-P4 でパッケージを作成しています。

Plamo 7.0 には bind パッケージはありませんので影響ありません(一部ユーティリティコマンドのみを含む bind_tools パッケージのみ存在)