bind 9.12.3-P4

bind にセキュリティホールが発見されています.詳しくは以下をご覧ください.

パッケージをリリースしました。なお、Plamo 6.x でリリースしていた 9.9.x は EOL ですので、現在の stable である 9.12.3-P4 でパッケージを作成しています。

Plamo 7.0 には bind パッケージはありませんので影響ありません(一部ユーティリティコマンドのみを含む bind_tools パッケージのみ存在)

curl 7.60.0

(2018-06-14 20:00 Plamo 6.2 用のパッケージ情報を追加しました)

セキュリティホールの修正を含む curl 7.60.0 がリリースされています.詳しくは以下をご覧ください.

対策パッケージをリリースしました.

ntp 4.2.8p10

ntp にセキュリティホールが発見されています。詳しくは以下をご覧ください。

対策パッケージをリリースしました。

ntp-4.2.8p9-*-P2 パッケージより、動作に ntp ユーザ・グループが必要になりました。詳しくは Change.Log をご覧ください。

Plamo 6.2 リリース

Plamo 6.2 をリリースしました。

以下は README.EUC の内容です。

○Plamo-6.2について(2017-02-17)

2017 OSC Tokyo/Spring に出展することになったのに合わせてPlamo-6.1をupdateした
バージョンをリリースしました.

Plamo-6.1以降に更新されたパッケージへ追従するためのバージョンアップなので,
変更されたパッケージの詳細についてはChange.Logファイルを参照してください.

なお,このバージョンからDVDイメージの作成をmkisofsではなくxorrisoで行なっています.
xorrisoで作成したDVDイメージは,catやddでUSBメモリにベタ書きするだけでUEFI経由で起動できます.
なお,その副作用でDVDイメージをベタ書きしたUSBメモリをfdisk -lで見ると,
パーティションが2つあるように見えますが,実際にマウントできるのは,
パーティションを指定しないUSBメモリ全体(例えば/dev/sdb)になるのでご注意ください.

# 昨夏の OSC Kyoto 用に"Plamo-6.2"をまとめようとしたことがあるものの、
# 諸般の事情で配布等はしなかったので、今回のバージョンを正式な"Plamo-6.2"とします。